​ひのき堂  お灸について

〜お灸の治療について〜

お灸と聞くと悪いことをした時に灸を据えられると言う熱い、怖いイメージをもたれる方が多いかも知れません。ですが、お灸とは、そう言った物では全くありません。

​当院のお灸は熱いと言うより、暖かくリラックス効果の高い温度でとても心地よいお灸になります。

お灸は密かなブームとなっていて、お灸関連の本や自宅でも気軽に出来るお灸が薬局などでも売っているのを良く目にします。当院でも、自宅灸を薦める方にはそのような簡単に出来るお灸をお薦めしますが、治療の際に行うお灸はそう言った物とは少し違います。

まずお灸とは、ヨモギの葉からもぐさが作られます。​そして、そのヨモギを円錐の形にしてお線香で火をつけます。するともぐさが燃えていき皮膚が暖かさを感じると言った仕組みになっています。

 お灸とは? 

お灸の効果

お灸をした部位には暖かさが残ります。これは、血液が動いている証拠です。血液の流れが悪い所は冷えを感じます。反対に血液の流れが良い所には暖かさを感じるのです。お灸の熱により血液を呼び寄せて、必要な場所に集まらせる事で、全身の血液の流れをスムーズにしているのです。

​ですので、肩こりや腰痛はもちろん、風邪や生理痛、アトピーや花粉症また打撲やニキビ、ケロイドなどにも、とても効果的です。

 お灸の種類について 

​お灸の治療はうつぶせでは、首や肩、お背中、腰、ふくらはぎなど必要のあるツボやこりなどがある部位にしていきます。

仰向けでは、お腹、足、手などのツボを選びお灸をしていきます。

お風邪の場合はのどや鼻などにもする場合がございますが、もちろん痕などは全く残りません。お顔や顔周りにお灸するのは抵抗があるかも知れませんが、とても気持ち良くて一度すると癖になると言う方が多いです。

当院では2種類のお灸を使います。

大きいお灸と小さいお灸の2種類です。

どちらもヨモギから出来ている物ですが、もぐさを作る段階でより細かくしてつっくたものが小さいお灸だと考えて下さい。

小さいお灸はお米の粒くらいの大きさでツボの効果を発揮したい時やピンポイントでの痛みに効果的です。大きいお灸は1㎝ほどの大きさで関節部分や広い範囲での痛みなどに効果的です。この2種類のお灸を使い分けて治療をしています。​どちらも温度の調節が効きますので安心して受けて頂けます。

お灸の治療の流れ

​小さいお灸

​大きいお灸

​★お灸の治療で大切なのは我慢する事ではなくリラックスする事です。

是非、ぽかぽかと温泉に入ったようなお灸体験を味わって下さい。

  • Facebook Social Icon

 【診療時間】

月木金9:00ー20:00 

12:00ー17:00 

土日祝9:00ー19:00

休診日:火曜日